• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 事業・サービス
  • 企業情報
  • 採用情報



サンリツについて

社長からのメッセージ

当社は、明治43年(1910年)に設立された「三立社」を前身とし、昭和23年(1948年)に創立されました。

当社は、日本で一番初めに「梱包」を専門的に取り組んできた企業であります。

創立以来、「お客様の大切な品物をお守りする」という思いで事業を展開してまいりました。

その結果、当社の梱包技術は高い評価を得て、「梱包が難しいものならサンリツに」と指名いただけるほど信頼をいただいております。

当社は、梱包を得意とする総合物流会社として、日本の産業をかげながら支えてまいりました。

近年は、多様化する物流ニーズへの対応を最優先課題とし、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)分野、国際物流分野への展開に力を注いでおります。

当グループは、収益に応じた株主への利益還元を経営上の最重要課題の一つとして認識し、財務体質の強化と今後の国内外における事業展開等を総合的に勘案しつつ、積極的に配当を実施することを基本方針としております。今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

ページ上部へ

サンリツのステートメントとロゴマーク

地球をつつむ思いやり ロジスティクスパートナー サンリツ

当社は、平成21年からコーポレートステートメントとして「地球をつつむ思いやり ロジスティクスパートナー サンリツ」を制定いたしました。これは、環境に配慮していく企業であるのと同時に、地球規模で活躍できるグローバルな企業を目指していくこと、地球は私たちの大事なものであり、地球をつつむようにお客様からお預かりした品物を高い梱包技術で守り、お届けすること、そして優良企業として勝ち残っていくために、自社の利益のみを追求するのではなく、お客様、お取引先、株主、従業員といった全てのステークホルダーが満足できるように社会貢献を含めて活動していくことであります。

単なる物流会社としてだけではなく、お客様とともに一体となって、ロジスティクスパートナーとして活躍していくことを、「地球をつつむ思いやり ロジスティクスパートナー サンリツ」という言葉に託したものであります。

このステートメントの趣旨にもとづき、役員をはじめ全従業員が行動し、今後とも社会とともに発展していく会社をめざしてまいります。

サンリツのロゴマーク

昭和60年8月、皆様に広く親しまれ、そして21世紀に向かう近代的な企業を目指し、旧社名の「三立梱包運輸株式会社」から、カタカナの「株式会社サンリツ」へ社名変更をいたしました。

また、社名変更とあわせて、新しいシンボルマークを制定いたしました。

  • 四角いフレームは当社が主体としております、梱包の「箱」をイメージしております。
  • 当社サンリツのイニシャル「S」を中心におき、流れるような「S」の書体は事業である「物流」を表現しております。
  • オレンジは当社のコーポレートカラーです。あたたかく、親しみやすい、そして、若く活力のある企業を目指して設定いたしました。
  • オレンジ(当社)と相性の良いブラウンはお客様を表現しております。
    お客様をかげながら支えたいという思いを表現しております。