サンリツ

輸出梱包・
海外輸送の
すべて

「輸出」の裏側、お見せします。

「製品を海外で販売したいんだけど、何か必要な手続きはある? 」
「輸出梱包って国内向けの梱包とは違うの?」
「保税地域って何? 輸送コストを減らせるの?」

サンリツのお客様からは、こういったご相談をよくいただきます。

いま手元にある荷物が海外に届くまで、どのようなフローがあって、どういった実務が生じるのかも、なかなか想像しにくいもの。そこでこのページでは、輸出・輸出梱包の現場で実際に何が起きているのか、手続きを含むプロセスの一例をご紹介します。

point 通しで見る輸出の流れ

輸送・梱包の仕様とお見積の検討、船・飛行機の手配や包装設計を含めた準備を経て、さまざまな荷物が輸出されます。下記は代表的なフローの一例です。
国内輸送、国際輸送、海外現地での輸送などはそれぞれに異なるライセンスを求められるため、業者間で荷物をリレーしながら進めていくことも少なくありません。サンリツでは必要なライセンスを自社・協力会社内でそろえているため、これらを一括でお引き受けしています。

サンリツでのフローの一例

  1. 1準備工程

    お客様とご相談しながら、業者の手配、仕様とお見積の検討など必要な準備を行います。

  2. 2集荷工場
    など

    出荷指示を受けて、荷物をピックアップします。

  3. 3梱包

    荷物を必要に応じた仕様にて輸出向けの梱包をします。

  4. 4倉庫保管保税蔵
    置場
    輸出
    通関

    荷物を保税蔵置場の倉庫で一時保管します。
    このとき、あわせて輸出申告の手続きを行います。

    CHECK!輸出向け梱包の多くは事前に包装設計しています。輸送距離や重量を見据えて強度を確保する必要があるため、準備~梱包までのフローはさまざまです。

  5. 5輸送

    航空輸送・海上輸送で荷物を運びます。

    CHECK!輸送時の手続きや輸送方法(航空・海上など)は、対象国・地域、貨物の種類(新品・中古、重量、物量)によっても異なります。

  6. 6現地輸送~開梱・搬入

    現地国の輸入通関を通過後、保税運送あるいは現地での輸送(外貨輸送・内貨輸送)を経て荷物を最終目的地まで運び、開梱・搬入・据付等を行います。
    再度の輸出を経て、第三国に荷物をお届けすることもあります。

    CHECK!現地側の輸送会社に受け渡すケースもあります。サンリツでは中国や米国の内陸輸送のライセンスも有しているため、多くは現地輸送~開梱・搬入・据付まで一貫で行います。

point 輸出手続きのキーワード

輸出のフローや必要な手続きについて調べるときに立ちふさがるのが用語の壁です。特によく使われる単語をいくつか抜粋して解説しました。

1.輸出梱包・包装設計 輸出用の梱包では、形状・質量とサイズによって包装単位と包装寸法を決定します。防水包装・防湿包装の必要性や、さび止め処理・防錆包装が必要かどうかも加味しなければなりません。
このほかにも、輸出先の港湾施設や荷役の状態、輸送経路(船舶・航空・鉄道など)、現地保管期間や屋内・屋外のどちらで保管するかなどさまざまな条件を考えに入れる必要があります。サンリツでもこれらすべてを考慮したうえで、適切な梱包方法をご提案しています。
また、輸出先の税関でのチェックをスムーズにするために、製品写真を添付したり、機械の銘板を確認できるような梱包方法もご提案できます。
  • スチール梱包
    スチール梱包
  • 木箱梱包
    木箱梱包
  • クレート(スカシ)梱包
    クレート(スカシ)梱包
  • スチール・木材の組み合わせ
    スチール・木材の組み合わせ
  • スキッド梱包
    スキッド梱包
  • パレット梱包
    パレット梱包
2.保税地域、保税蔵置場 「保税蔵置場」の読み方、わかりますか?「ほぜいぞうちじょう」と読みます。これは関税法が定める「保税地域」の一種です。保税地位は、法の規制により、貿易秩序維持、関税徴収の確保を図るとともに、貿易の振興及び文化の交流などに役立てることとされています。
保税蔵置場保税蔵置場でのバンニング
(オープントップコンテナ利用)

なかでも保税蔵置場とは、外国貨物の蔵置(税関申請より最大2年)ができる場所で、輸出貨物も税関での輸出申告などを行う前、一時的にここに置かれ、税関での手続きに1~2日程度かかります。

3.通関手続き 「貨物を輸出しようとするときは、税関に輸出申告を行い、審査・検査を受けることが関税法で定められています。原則として貨物を保税蔵置場に搬入したあと行われるもので、この一連の手続きを輸出通関手続と言います。
通関手続き

輸出通関の手続きには2つのステップがあり、まずは貨物を搬入する保税地域などの所在地を税関に伝えます。次に、必要な書類を提出します。ここで提出するのは、貨物の品名、数量などを記載する「輸出申告書」と、その他必要な添付書類です。事前に許可や承認を受ける必要がある貨物の場合は、それを受けたことを証明する書類などもこれにあたります。
これらの書類内容を精査、税関が審査・検査を行い、正式な輸出許可となります。

4.外貨輸送

外貨、内貨は、それぞれ外国貨物、内国貨物の略です。保税区を活用した輸送を検討する際に、これらの言葉がよく登場します。
輸出先に到着した貨物は、一旦は保税地域に留め置かれます。このとき、貨物は入国していない扱いとなり、現地で輸送することが許されません。輸入通関での検査・審査などが行われ、正式に許可された貨物は、内国貨物として、現地国内で輸送できるようになります。
一方、輸出先保税区を活用した物流では、保税地域から保税区へと外国貨物の状態を維持したまま輸送します。その途中、輸入通関は行いません。このため、輸出先での関税が発生せず、コストを下げる手段としても有効です。

pointよくあるお悩み

  • Q海外に出荷する商品はすべて梱包しなければいけませんか。

    Aはい、製品ごとに適した梱包が必要です。サイズや重量によっても適した梱包仕様はさまざまですので、専門知識を持つ業者などに任せるのが安全です。サンリツでは多彩な条件を加味して最適な梱包をご提案し、梱包作業も代行しています。

  • Q飛行機に搭載できる大きさはどのくらいまでですか。

    A搭載する機種や貨物専用機によって異なります。目安として、旅客便に搭載する貨物の最大高さは160㎝まで、貨物便では299㎝までです。また、大型貨物の場合は、事前に航空会社に確認する必要があります。

  • Q海外に輸出する場合、業者に貨物の引取りからお願いすることはできませんか。

    Aサンリツではお引き受けしていますが……海外への輸送にはさまざまな認可が必要なため、適宜ご確認いただくのが良いでしょう。輸送できる国も業者によって異なります。サンリツの場合は、世界各国向けの荷物の集荷から梱包、現地配送まで一貫で対応できます。

私たちサンリツは梱包と輸送の“プロ”です。
輸出梱包、海外輸送の多彩なソリューションをご提案していますので、
まずはお気軽にご相談ください。