サンリツ

トップメッセージ

代表取締役社長 
社長執行役員

三浦康英

当社は、明治43年(1910年)に設立された「三立社」を前身とし、昭和23年(1948年)に創立され、2018年3月で創立70周年を迎えました。これも、株主の皆様をはじめとする多くの方々の格別のご愛顧、ご支援の賜物でございます。心より御礼申し上げます。

当社は、日本でいち早く「梱包」を専門的に取り組んできた企業であります。

創立以来、「お客様の大切な品物をお守りする」という思いで事業を展開してまいりました。その結果、当社の梱包技術は「梱包が難しいものならサンリツに」と指名いただけるほど高い評価を得ております。当社は、梱包を得意とする総合物流会社として、日本の産業をかげながら支えてまいりました。

近年は、激しい経済環境の変化の中で、お客様に対するニーズは多様化、国際化し、それに対応する物流サービスも多様性、専門性が求められています。その様な環境下において、2017年4月よりスタートした新中期経営計画で「オペレーションからソリューションへ」という新ビジョンのもと、ソリューション営業に特化した統括部門を設置いたしました。

拠点ごとのシナジーを生かし、的を絞った組織横断的な営業活動を進めていくことで、2020年3月期には売上高165億円、営業利益率5.8%の達成を目指してまいります。

当グループは、収益に応じた株主への利益還元を経営上の最重要課題の一つとして認識し、財務体質の強化と今後の国内外における事業展開等を総合的に勘案しつつ、配当性向30%を維持することを基本方針としております。株主の皆様におかれましては、今後ともご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。