サンリツ

中期経営計画

サンリツでは、2018年3月期~2020年3月期における3年を対象として中期経営計画を作成しました。2018年に創業70周年をむかえ、さらなる成長と飛躍を目指してまいります。

ビジョン

オペレーションからソリューションへ

経営目標

  • 売上高(百万円)
  • 営業利益 / 営業利益率(百万円)
  • 経営利益 / 経営利益率(百万円)

事業戦略

国内事業 精密機械/
医療機器
  • ノンアセット型新拠点を開設
  • 「立地」×「ソリューション営業」×「庫内オペレーションの高度化」で他社と差別化
工作機械
  • 現キャパシティーで既存顧客の取引深耕により収益を維持
海外事業
  • ノンアセット型新拠点を開設
  • 「立地」×「ソリューション営業」×「庫内オペレーションの高度化」で他社と差別化

取扱製品群別 売上高比率

  • 2017年3月期
  • 2020年3月期(計画)

事業運営の基盤強化

組織

統括部門の設置
  • 取扱製品群別の統括部門を設置。
    各事業ごとのシナジーを活かし、顧客を開拓
  • ソリューション営業に特化した統括部門を設置。
    組織を横断し、効果的かつ効率的に新規顧客に積極アプローチ

人材

注力領域への人材重点配置
  • 有資格者の養成、登用による営業統括部門への配置
  • ソリューションを実現するオペレーション力向上(教育)
経営幹部人材の育成
  • 全社視点で経営参画する統括部門の長を育成

設備投資

設備投資:3年総額10億円
  • 国内:新拠点1億円、省力化を目的としたIT投資6億円
  • 全体:更新投資3億円